DMっていう病気を知っていますか?

dm_0私は知りませんでした。

dmbanner
あんとす。さん達が立ち上げたプロジェクトです。

DM:変性性脊髄症
1973年にG.シェパードで初めての報告。その後ボクサー、チェサピークベイ・レトリバー、S.ハスキーなど。近年、P.ウェルシュコーギーでの報告が増加。
脊髄がゆっくりと障害される病気。
だそうです。

あんとす。さんの愛犬がこの病気に冒されて、わたしは初めて知りました。遺伝子疾患です。

あんとす。さんの愛犬が発症した後、献身的な介護の様子を見ていましたが、非常に悲しい病気です。
ブリーダーにも責任があると思いますが、飼い主がこういった事実を知っらないとどんどん蔓延していくのでしょう。
犬だけでなく他の動物にも十分起こりうる現象だと思います。
犬飼さんだけでなく、多くの人に知って欲しい事実だと思います。

特集番組です。ぜひ見て欲しいです。
あなたのペットは大丈夫!?~追跡 ペットビジネス・遺伝病の闇~

“DMっていう病気を知っていますか?” への 6 件のフィードバック

  1. 妙聲 より:

    犬種の特徴を知らずに飼って
    犬そりの犬種に芸を仕込んで覚えが悪いとか
    狩猟犬がソファに穴を開けたと叱り
    レース犬をケージに入れ放しだったり、
    仕舞いに捨てる?
    虐待?
    せめて元来 どんな本能や特徴、必要な環境を作らなければいけません。
    鶏や猫も魚にも言えます。

    今日 ブラマの皇(コウ)ちゃんが初めて卵を産みました。
    無事に育ってくれて感謝! 感動です
    d=(^o^)=b

    1. さちよん より:

      「うちの犬本当にバカで」と言っている人を見ると「いや〜飼い主が本当にバカで、犬の能力引き出せないんで」と心の中で翻訳しています。
      まあ、たまに謙遜で言っている人もいるけど。
      そういえば、ペットに関しては昔に比べて謙遜する人減りましたね。

  2. 妙聲 より:

    遺伝子疾患ですか………。

    神経障害を見守り、看取るのは本当に辛い😢

    辛いです。

    我が家の白烏骨鶏の神経障害にビタミン剤を投与して
    一日2回のストレッチとYouTubeで烏骨鶏の鳴き声を聞かせて
    今はヨチヨチ歩きが出来るようになり
    狭い洗濯干場をブラマ達と遊んでます。
    ブラマ達の方がずっとずっとデカイのに一生懸命守ってます。
    音痴でも雄叫びが聞けるまでに回復して
    嬉しいけれど☆になった鶏達に申し訳なくて切ないです。

    医師からは回復の見込みは無いと言われましたが 諦めず 思いつく事をしてきて
    拒めないのに 応えてくれる姿がいとおしいです。

    小さな命は自ら死を望みませんから
    人はそれ以上に前向きでないといけません。

    元気が当たり前のペットではないですしね。

    長々すみません🙇

    1. さちよん より:

      そう!本当に健気に生きますよね。
      「早く楽になった方が・・・」なんて人間しか考えてないんですよね。
      改善することのない病気、治療法が全く発見されていない病気、その子の持って生まれた体質。
      どうしょうもないこともあるけど、ちょっとでもよいい方法が見つかるといいなと思うのです。
      妙聲さんのおうちの大きい仔達優しいんですね〜。

  3. あんとす。 より:

    さちよん会長、鳥さんメインのサイトなのに犬の遺伝疾患のHPの
    宣伝をしてくださりありがとうございます!
    この病気に限らず、特に流行りの犬種には遺伝疾患は多くなります。ショップなどで衝動買いをしたりせず、自分が気になった犬種はトコトン調べてから、きちんとした検査を施している優良なブリーダーさんから買うと言う意識を1人1人が持つ事で、乱繁殖による被害犬達が減っていく事に繋がるのかなと思っています。

    1. さちよん より:

      でもこれって、もはやシェパード、犬に限った話ですらないですよね。
      人間との歴史の長い犬だから顕著に発言しているけど、全てのペットと言われる生き物に言えることだと思います。
      多くの人が知らないと変わっていかないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

Optionally add an image (JPEG only)