おしめについて

おしめの型紙は「無料型紙ダウンロード」からダウンロードできます。

oshime_p_001

どうしても、おしめをすることが苦手な鳥さん、ストレスが大きすぎる鳥さんもたくさんいます。
すぐにおしめを着ることができず、着られるようになるまで時間のかかる鳥さんがほとんどです。練習しても着ることが出来ない鳥さんもいます。そこは、鳥さんの様子を見ながらご自身で判断してください。

個人的に小型インコのおしめ着用はお勧めしません。
それでも上手に着れる仔も存在するので、飼い主様の判断にお任せします。

個人的にヒナ(挿餌中)のおしめ着用はお勧めしません。
若いほど適応が早いのも確かです。「インコの成長期とサイズ」も参考にしてみてください。

会員登録していただくと、「メンバー」ページから型紙を無料でダウンロードしていただけます。ダウンロード・印刷が出来ない方はご購入いただくこともできます(でもなるべく自力で印刷してください)。
(作り方を変更しましたので、公開を中止します。新しい作り方は作成中です)

 
 

当会おしめの特徴

oshime_p_002

・着脱が簡単です。鳥さんが嫌がりにくいです。
(嫌がる仔もたくさんいます)
 
・非常に着心地がいいです。
(たぶん。鳥の様子からの推測です。嫌がる仔もたくさんいます)
 
・リードをつけた時に誤って脱げないように配慮しています。
リードを付ける際は、必ずDカンを2つともリードに通してください。Dカン1つのみにリードを通すとおしめが脱げやすくなり、ロストの原因となります。
(きちんとリードをつければまず脱げません。きちんとリードをつけないと脱げやすくなる可能性があります。
リードをつけていない時は鳥が自分で脱いでしまう可能性があります)
 
・翼の開閉を極力妨げない形状にしています。
(ほぼ自然な羽ばたきができます)
 
・尾脂腺を覆わないので、多少長時間装着しても毛づくろいの邪魔になりません。
(長時間の装着を推奨するわけではありません)

・リバーシブルなので・・・
 おしゃれを2倍楽しめます(鳥にとってはどうでもいいことですが)。
 ほつれにくくて丈夫です。
 
・中に市販のナプキンまたはティッシュなどを折って入れて使います。
(おしめの形に合わせてナプキンなどを折るとちょうどいい形にできます)
 
・様々なカスタマイズができます。
 ○面ファスナーをバックルに(リバーシブルでなくなります)
 ○全体の幅
 ○おしめをハーネスに
 ○おしめの内側に防水シートを貼る(リバーシブルでなくなります)
 など
(型紙にはたくさんの補助線が入れてあります)

・型紙の改良が頻繁なので、どんどん形が変わっていきます。
最新版のご使用をお勧めします。
時々、型紙のバージョンが更新されていないか確認してください。
(過去の型紙での制作依頼や配布は受け付けることはできません)

 
 

おしめの肩紐のタイプ

Closeタイプ Openタイプ
type_11 type_12
特徴 デフォルトはこちら。
肩紐を頭にくぐらせて着せます。背中のマジックテープは2重なので、すっきりした感じになります。小さい鳥さんには、最終的にこちらをおすすめです。
着せやすいですが、背中のマジックテープが3重になります。小さい鳥さんだと負担になりますが、着るトレーニング用には向いています。

 

おしめの中身

ティッシュ・コットンなど吸収性のいいものを入れます。下は人間用のナプキンを使う場合です。

n_03_01 n_03_02 n_03_03
おしめの内側のしっぽの付け根にナプキンを貼る。 ナプキンを三角におり、角を折り返す(ナプキンの重なりが少ないとうんこが漏れます。ちょうどいい大きさのナプキンを見つけてください。オカメインコだとおりものシートがちょうどいいです)。 おしめごと全体をひっくり返し、内側から押さえて、おしめにしっかり貼り付ける。
コップ状にするのがコツです。

 
 

着せ方

wear02_01 wear02_02 wear02_03
肩ひもを首に通します。 おしめ全体を足の間に通します。 羽の下で肩ひものマジックテープを身頃のマジックテープで挟んでとめます。お尻の袋を後ろに軽く引っ張るとフィットします。

 

インコ以外の大型用の1着目(主にニワトリ、カモ用)

成長期・サイズ未確定の場合、サイズ調整をできる形でおしめをお作りします(ニワトリ、カモはサイズ調整できるものでも、あまり気にしない仔が多いです)。