カラスを保護しました

現在検疫中です

カラスを拾いました。両足がダメになってます。
(保護の許可はもらいました)
 
ノミ、ダニ(陽性):駆除中駆除終了
線虫、コクシジウムなど(陰性):念のため駆除中駆除終了
鳥クラミジア、BFD:検査中陰性でした。
 
という状況です。
現在カラスは隔離しており、世話した後は着替えて消毒にも気を使っています。
 
気になる方はおしめのご注文は見合わせていただい方が良いかもしれません。
6月頭には検査結果が出て寄生虫の駆除が終わった状態になると思います。

5/30検疫を終了しました。

“カラスを保護しました” への 4 件のフィードバック

  1. より:

    初めまして。
    私も先月カラスを保護しました。

    片足がペローシスプラスナックルで駄目になってましたけど、探り探り矯正をして、今では自力で立てるようになりました。

    カラスのオムツなどの情報交換が出来れば幸いです。

    1. さちよん より:

      こんにちは。
      カラス可愛いですよね!
      カラスはフンが多いのでスタンダードの形だとすぐフンがいっぱいになるので形を変えています。
      でも放鳥の短時間の着用ならスタンダードでも大丈夫だと思います。

  2. ジャックマニャン より:

    初めまして、今日は。【鳥のおしめ】を作ってる方がいる事、初めて知りました。すばらしいですね。
     室内で可愛がっている鳥たちの飼い主さんの 心強いささえになりますね。 わたしは、
    スイスで傷病野生鳥獣の保護施設で働いていました。日本に来てもカラス、トビ、キジバトなどなど 保護治療して野生に返したりしています。両足不自由になってしまったの鳥たち(かなり大型も)看護してきました。お写真だとこの春生まれのハシボソガラスですね。1ヶ月ちょっとくらいでしょう。同じくらいのカラスの保護も経験しています。30分〜1時間ごとのご飯、小型スプーンでの流し込み、もうしばらくすると 足が不自由でも水浴び、日光浴、したがる時期です。長い翼がはえてきますので 身体の保持が大変になりますが、どうぞ、頑張ってください。ご住所がわからないので、(気休めになるかもしれませんが、)こちらは愛媛です。もし里親を探さなければならない時は ご一報ください。また、なにか、助言出来そうな事があれば、いつでも連絡ください。

    1. さちよん より:

      ありがとうございます。
      野生生物の保護活動!!素晴らしいですね。

      拾ったカラスはすだちに失敗して1週間落ちていたそうです。
      昨日からすこし慣れてくれた感じですが、ご飯は強制給餌で与えています。
      強制給餌だと適量が分からず手探り状態です。
      体重が500gで増減なしなので(拾った時よりは微増)、もう少し与えたいところです。

      愛媛からは遠い新潟ですが、何かあったらご相談させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Optionally add an image (JPEG only)