ツバメの雛は死んでしまいました

保護していたツバメちゃん

他の兄弟が巣立ったタイミングで、兄弟と親が迎えに来てくれましたが、連れて行ってもらえませんでした。

置いて行かれた後、15分くらいで死んでしまいました。
親元に戻さず保護に徹すれば助かったのか…。
最後に家族と1時間くらい過ごせたので、良かったと思うことにします。

“ツバメの雛は死んでしまいました” への 4 件のフィードバック

  1. 妙聲 より:

    自然界で生きる生物の保護、しかも渡り鳥ですから
    並大抵の体力が、ないと生きられない厳しい世界に生きる仔達なんですね。
    人間の力は微力だけど、辛いけど素晴らしい出会いでしたね。

    大丈夫!親鳥や兄弟鳥と大空を飛び、長い長い空の旅を楽しむと思います!✌️

    1. さちよん より:

      気安く野生に手を出さないほうが良いですね…。
      でもまた同じことがあったら保護しちゃうんでしょうけど。
      助けられるなら助けたいですよね。難しい。

  2. トリトレットⓇ より:

    さちよんさん、お疲れ様でした。個人的に、巣から落ちた子は、弱い個体で「落ちた」のではなく、「落とされた」のかもと思います。死んだのは決してさちよんさんのせいではなく、自然淘汰だと思います。気にしないで下さいね。ぼいぼいとツバメのご冥福をお祈り致します。

    1. さちよん より:

      ありがとうございます。
      動物が死ぬのって本当に嫌ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Optionally add an image (JPEG only)