はるさんまで死なせてしまいました

はるさん(ブラマ)が2018/08/04に亡くなりました。

有精卵で我が家にやってきたはるさん。
品種的に足が悪くなりやすいとは思っていのですが、ここ数日足を痛そうにしていたので獣医さんに連れて行きました。
以前に獣医さんについれて行った時もパニックを起こしたのであまり連れて行きたくはなかったのですが、小指がパンパンに腫れてしまったので…。

「小指の腫れは化膿ではない。脚が開いているのが原因でサポートするような器具を作れるといいかも。特に治療は必要ないけど根が深い」という診察結果でした。
そして帰ってきたらパニックを起こしてそのままショック死してしまいました。
獣医さんに行かなければ良かった…。
でも、脚が痛そうだったので連れて行かないという判断も出来ませんでした。

はるさんは凶暴でしたが、可愛いところもあり面白い経験をたくさんさせてくれました。
はるさん、ありがとう。

“はるさんまで死なせてしまいました” への 2 件のフィードバック

  1. 妙聲 より:

    また、側に置いても良いと思ったら連絡下さい。

    我が家のライトアップは家に入れる時いつも
    真っ赤な顔をペタッと私の首筋に、押し当てて熱くなった牛タンのような肉垂をプラプラくっ付けてきます。

    爪の内部の異常だったのかな?

    大切に育ててくれてありがとうございました❗

    さちよんさんに心から感謝してます。

    はるさんありがとう。  合掌

    1. さちよん より:

      うちの環境はニワトリ向きでは無いので、諦めます。
      はるさんは足が開き方だったので、足の筋力全体が弱かったみたいです。
      やっぱり、外飼いがいいのかも。
      早逝させてしまって、すみませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Optionally add an image (JPEG only)