結局共通のおしめの型紙を作れず

鳥の種類ごとにおしめの型紙が違います。

おしめの型紙は共通で計算式で拡大縮小率を変えて,全ての鳥におしめを!!
と思っていましたが,結局無理で鳥の種類ごとにオススメのおしめが異なります。
今私の中でイチオシの形はこれ!!
面ファスナーを使っておらず,バックルで留めるタイプです。
でも残念ながら,インコや小さい鳥には向きません。
インコはホックを破壊します。
ニワトリとかアヒルとか向けですね〜。
鳩さんも大きめの仔ならこちらがありかも。
我が家のカラス,ぎぎもこのタイプです。

と思っていたら,実家のアメリカンシルキー,ぼんちゃんはバックルじゃないないほうがいいそうです。
ぼんちゃんは,面ファスナータイプです。
性格によってオススメが変わってしまうとは…ますます複雑に。
もっと単純化したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Optionally add an image (JPEG only)