寝たっきりおしめの弊害

またまたお久しぶりです。またまたカラスの話です

ぎぎ(カラス)はおしめとそこに縫い付けたクッションで姿勢を保って暮らしております。
なんとこれにリハビリ効果があるようでして。
夜寝るときに低いクッションに変えると、クッションの下に隙間ができるほど踏ん張りがきくようになりました。

しかし!日中は胸に体重がかかっているのでタコができてしまいました。
ああ〜。

おしめの胸当てにスポンジを縫い付けて様子をみます。
食器洗い用スポンジだと厚過ぎるので半分にカットしました。
 
全部で10枚くらい縫い付けました。
全く料理ができない私ですが、スポンジの2枚おろしだけは天才的な腕になりました。

“寝たっきりおしめの弊害” への 1 件のフィードバック

  1. 妙聲 より:

    小さな保冷剤が溶けた物は介護で使うジェルマットと同じ物になりますよ!
    低反発です。
    お試しあれ~~~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)