気晴らしにパイを焼いてみました。

IMG_1357_0うそです。

IMG_1357リアルな私を知っている人はすぐ分かると思いますが、お菓子など焼くことができません。
少なくともこんなに上手に焼けないし、気晴らしにならないで「きぃ〜〜〜」となります。
 
今回はパイを樹脂で固めてみました。
よく、UVレジンでお菓子をコーティングしているのを見かけます。
大丈夫なのかもしれないけど何となく不安なので、別の樹脂をしみ込ませてみました。
多分中の方までかなり樹脂が入り込んでいます。まだ、硬化していないので後で割ってみます。
この後、念のためUV樹脂でもコーティングする予定。
何かのパーツに使ってみようと思います。
 
もう食べれた代物ではないけど、うまそう。

“気晴らしにパイを焼いてみました。” への 4 件のフィードバック

  1. 幻遊童子 より:

    お菓子などの食品封入レジンは中身の食品が腐ったり飴とかだと溶けたりして危ないそうですのであまり向かないそうです。できても一時的なもので通常のレジンより劣化も多く、割れて中身が付着したりなどもおこっているそうです。でもパイかわいい。

    1. さちよん より:

      なるほど〜。知人は大丈夫っていていたけど、相当怪しいですね。
      逆に面白そうなので、劣化実験をしてみますね。

  2. まくまく より:

    久しぶり。
    知らない間に料理ができるようになったかと思ったよ(笑)。
    いいね、このパイ。
    めっちゃ忙しい&いろんなストレスでまた聴力落ちたわー。

    1. さちよん より:

      がんばれ!というかその環境は逃げ出せないの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

Optionally add an image (JPEG only)