足元をすくわれた

img_2880_0誰も足元をすくってないので、自分で転んだだけなんだけどね

img_2880ここしばらく、遠くで起きている第三者が介在したことに心を奪われて、身近な出来事をおろそかにしていました。
 
そうしている間に身近な幸せが傷ついた感じです。
 
まず、数日前に気がついていた・・・
メスのベタ水槽にオスの稚魚を混入させていたのですが、オスの気性が荒くなり始めていました。
隔離しなくてはと思っていたのですが、2日後に回しにしている間にメスもオスもボロボロに。
ごめんなさい。
写真だと分かりにくいですね。ちょっと治ってきてますし。

img_2883あわてて隔離しましたが、ヒーターが足りません。
購入しないと。
 
そして実家では、私たちが関わった中で一番大きな生き物が急逝してしまいました。
私が飼っていたわけじゃないけど、やまだんと「こうしたらどうかな」と話だけして放っておいてました。
中毒死です。

img_2884怖くてここには書けないのですが、もう一件事件が起きました。
パニックってTwitterに書いたので、ご存知の方もいると思います。
 
もっと日常を大切にして、日々の生活をきちんと生きないとダメですね。

ああ〜、金魚とメダカの冬囲いもまだしてません…。
結構な大仕事です。
数日のうちにしないと。

“足元をすくわれた” への 6 件のフィードバック

  1. 妙聲 より:

    はらんだと思われるメスのグッピーを水槽内で隔離しようとしたけど
    結構🐠稚魚🐠が居る😒
    日に日に増え、日に日に大きくなってるから
    食物連鎖⁉ 弱肉強食💦 自然の摂理にお任せします😅
    残酷だけど下手に保護して手に負えなくなるのが目に見えるぅ💦💦
    と言いつつピペットで吸って捕まえたのは別容器に😅

    1. さちよん より:

      そうなんですよね。無責任に増やせないですもんね。

      でも頑張って稚魚を育てても、新しい血統を入れないと自然に減っていくような気がします。まあ、5年スパンとかの話ですが・・・。気のせいだったら大惨事になるので、言ってみただけ。

  2. 妙聲 より:

    うっかりしてると小さな生き物のSOSを聞き逃してしまうんですよね😰
    あと、ノーマークだった仔が重症だったり💦💦
    水温も定まらず魚達は皮膚病発症しやすく気が抜けません😰
    一羽になった黒烏骨鶏が孵化して15週なのに
    握りこぶしくらいの大きさで防風室の専用ケージに居るけど
    夜だけ室内に入れました。
    悲しげに🐤ピィピィ鳴きます。
    私も生き物は増やさないって決めたら
    グッピーの水槽にウンコより小さい稚魚が数匹居ました。
    恥ずかしながら卵胎生とは知らず
    水草に卵が無い事だけを観察してたので
    いきなり稚魚には仰天でした😅
    もっと観察しなければ💦

    1. さちよん より:

      まったくでござる。
      しかも今の気候はすごく難しい(平気な仔は全然平気だけど)。
      グッピーやプラティは稚魚が可愛いし、わりとどんどん増えちゃいますよね〜。
      見逃すと親に食べられちゃうけど。
      貰い手がすぐ見つかるところもいい。
      自分で新しい品種ができそうな気がするところも魅力(そんな気はするけど固定まで行かないから難しいんだけど)。

  3. めへごろう より:

    そんなことまで起きてたの、、、

    1. さちよん より:

      結構バタバタしてたかも。昨日の夜から親指が痛くて動かせないし(涙)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

Optionally add an image (JPEG only)